Googlemapの基本的な使い方を紹介

subpage01

Googlemapは、スマートフォン地図アプリやパソコン版の地図として非常に有名ですが、代表的な使い方としては、公共交通機関の乗り換え案内が挙げられます。
スマートフォンでGooglemapの乗り換え案内を使うには、まず自宅住所か近隣にある建物の名称を検索窓に打ち込み、経路検索窓が出てきた後に行き先を打ち込むと、鉄道(バスを含む)・自家用車・徒歩による所要時間が表示されます。

様々な分野のGooglemap情報を豊富に提供しています。

鉄道の所要時間に関しては、通常利用・最短時間・最安値で結果が表示されますので、自分に見合った移動方法を必ず見つけられるでしょう。



Googlemapは、音声をオンにしてGPS機能をオンにしておけばカーナビゲーションとしても使える事から、検索窓に出発地・目的地を打ち込むと、最短または最速で行けるルートが提示されます。
ルートは主に高速道路が表示されますが、土休日に利用する場合は長距離の渋滞が懸念される事から、ルートの簡単なカスタマイズをするのがおすすめです。
アンドロイド向けのGooglemapは、高速道路を使わない・有料道路を使わないといった簡単なカスタマイズのみが可能ですので、出来るだけ渋滞を避けたい場合はパソコン版のGooglemapを使うと良いでしょう。

パソコン版では、渋滞を通るルートが示された場合は、渋滞道路から渋滞を避けたい道路にドラッグをすると予定ルートを変えられます。



このルート変更をしておくだけで数十分単位で移動時間を短縮出来ますので、長時間の移動が予想される場合は有効活用しましょう。